雑記

C125はJA10のカブの不満点を解消してくれる気がする

豪華版のスーパーカブであるC125が気になっています。
110CCのJA10カブに乗っていますが、ちょこちょこ不満があり、
C125がその不満を解消してくれそうだからです。

簡単に情報を整理しておきたいと思います。

JA10カブの不満点

パワーが微妙に足りない

トルクは必要十分ですが、パワーが足りないように感じます。
流れの速いバイパスだと、流れについていくのが厳しい時があります。
あとちょっとだけパワーがあれば…。

ついでに、速度が速くなると不安定感が増してくるので、
そもそもスピードを出すのが怖いですね。
やっぱりそもそもトコトコと走るバイクだと思います。

フロントブレーキが貧弱

むしろリアのブレーキの方が効きがよく感じるくらい、
フロントのブレーキが効きません。
ブレーキを信じてコーナーに突っ込むようなことはまず無理です。
怖すぎます。

なので前述のパワー不足とあわせて、スピードを出す気になりません。

C125カブのいいところ

パワーに期待できそう

JA10の馬力は8.0ps/7500rpmですが、C125カブは9.7ps/7500rpmです。
JA10では少しパワーが足りないように感じる程度なので、
その分はカバーしてくれそうな気がします。

フロントがディスクブレーキ

JA10カブではドラムブレーキでしたが、C125ではディスクブレーキになります。
ネットでインプレ記事を調べてみても、ブレーキの効きがよくなったと
書かれているものばかりなので、期待できます。
ちゃんと効いてくれないと、普通に走るにしても怖いですからね…。

C125カブの気になるところ

燃料タンクが小さくなる

JA10カブでは4.3Lあったガソリンタンクの容量が、C125では3.7Lとなります。
JA10カブでも容量が少ないと思っていたのに、さらに少なくなるとは…。
燃費は少しよくなっている(63.5km/l→69km/l)みたいですが、はたして実燃費はどうなんでしょう?
ちょっと不安です…。

でもこれはガソリン携行缶を持てば解決しますね。

40万円近いお値段

JA10カブが約23万円だったのに対し、C125カブは約40万円です。
だいぶ高いです。
キーレスの機能とか、本当に必要なのだろうか…?

単純に高いというだけでなく、40万円となってくるとPCX150すら買えてしまいます。
ちょっと頑張れば約53万円のレブル250も見えてくるし…。

それぞれ用途が違いますが、それでも比較はしてしまいます。

まとめ

JA10カブは最近ビビリ音もするようになってきたし、
購入してから5年くらい経っているので、まぁ乗り換えてもいいかなぁと思ってしまいます。
C125のデザインに惚れ込んでしまえば40万円くらいは出せるかも…。

でも、PCX150やレブル250が気になってくる…。
高速も乗れるようになりますからね。
でもこれまで高速に乗れていなくてもどうにかなっていたわけだし…。
いや、でもやっぱり高速を走れた方が行動範囲が広がるか…。

んー、悩めますね。

https://www.honda.co.jp/C125/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です