86パーツインプレ

86にフルバケ「RECARO RS-G ASM LIMITED IS-11」を導入

導入したのは結構前ですが、記事にしていなかったようなので…。

86の純正シートはそれなりにホールド感があるので、フルバケットシートはそんなに必要でもないのですが、 一度はフルバケをつかってみたいと思って導入しました。
なおASM YOKOHAMAさんにて取り付けてもらいました。

いいところ

ホールド感が高い

フルバケなので当たり前といえば当たり前ですが。(汗
腰がしっかりと固定され、肩も支えられるので横Gに耐えやすいです。
これまで、高速コーナーでは腰砕け感を感じてましたが、
実際は自分がシートからずれてただけだったこともわかりました。
足回りとかいじる前にまずこれからではないでしょうか?

シートから得られる情報量が増える

上記とも関連しますが、滑り出しの前兆をより明確に感じ取れます。

長距離でも大丈夫

純正シートでも大丈夫でしたが、このフルバケでも長距離移動OKでした。
特にどこも痛くなりません。

意外に耐久性は高い

このモデルの表皮はカムイです。
もう3年くらい使っていますが、今のところどこも痛んでいません。
こすれるところが多いから痛みやすいかと思っていたんですが、そうでもないみたいです。

ちょっと気になるところ

乗り降りが面倒

いちいちシート位置を一番後ろにしなければいけないし、
腰痛持ちなので変な体勢では乗り込めないしで面倒です。
生地を痛めないように気をつけなきゃいけないのも面倒ですね…。

まとめ

快適性を重視するならば純正シートがいいですね。
フルバケは乗り降りが大変なのがネックです。
そこを気にしなければフルバケはオススメですよ。
気持ち的にも盛り上がりますし。

余談

フルバケの乗り降りに慣れてくると、普通の車に乗る時にどう乗っていいのかわからなくなります。
左手をハンドルの上に置いて、左足から突っ込んで、ってやってしまうんですよ…。
運転席以外はスムーズに乗れるんですけどね。
不思議です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です