S660について

S660を手放す理由とは?よく聞く理由を整理してみました

自分は今のところS660から乗り換える予定はありませんが、S660から乗り換えるという話は時々聞きます。
オープンドライブが楽しめて軽快に走れるS660をどのような理由で手放してしまうのかをまとめてみます。

S660の不満点

とにかく荷物が載らず実用性が低い

S660で大きな荷物を積もうとすると、助手席にしか置き場所がありません。
一人で出かける分には問題ありませんが、二人で泊まりはかなり厳しいです。

二人で荷物を最小にする努力が必要になります。
それでも助手席の足元に荷物を置くことになるので、助手席に乗る人からしたら窮屈でしょう。

という具合に、実用性が低いのです。

パワーがない

軽自動車なので仕方ないのですが、パワーがないです。
普通に走る分には問題ありませんが、高速の合流や追い越しなどのシーンではパワー不足を感じます。
エンジンを上まで回していっても、あまりパワーが出てこないんです。

特にS660をスポーツカーとして期待している人からしたら、パワーのなさにガッカリすると思います。
峠の下りなら気になりませんが、上りでは顕著にパワー不足を感じます。

乗っていて疲れる

S660は軽快でダイレクトな走りを楽しめますが、脚は固めなので結構路面からの振動が大きく感じられます。
また、エンジンが背後にあり、結構大きな音がキャビンに入ってきます。
高速を走れば風切り音も気になります。
とにかく何もかもがダイレクト。
そこが良さでもあるのですが、疲れてしまうのは確かです。
短距離であれば気になりませんが、長距離ドライブとなると疲れに直結してしまいます。

幌の開閉が手間

S660はオープンカーなので、オープンドライブを楽しみたいところです。
しかし幌はロードスターのように簡単には開閉できず、外してからクルクルと巻いて収納する必要があります。
慣れれば運転席に座ったまま取り外して助手席にポンと置くことはできるようになります。
閉めるのも運転席に乗ったままでどうにかできます。
でもサクッと開閉できるわけではないので、手間なんです。

しかも助手席に人を乗せていたら、幌(ロールトップ)はフロントの収納スペースに入れてやる必要があります。
一度車を降りないといけないわけで、面倒です。

そうなると、天気が悪い時に開ける気が起きません。
急に雨が降ってきたらしばらく濡れることは必至です。
せっかくのオープンカーなのに、気軽に屋根を開けられないのは残念です。

S660からの乗り換え先はロードスター(ND)が多いらしい

以前マツダのディーラーでロードスターの見積もりをしてもらうことがありました。
その際に聞いた話によると、ロードスターはS660から乗り換えてくる人がいるらしいです。
理由はやはり積載能力の低さ。
夫婦二人で出かけるなら、S660よりもロードスターになりますわな…。
ロードスターであれば1.5Lでそれなりのパワーもありますし、S660よりも車格が大きいので乗り心地もいいし、幌の開閉も簡単。
S660からの乗り換えには最適な気がします。

まとめ

ということで、S660の乗り換えの原因になる不満点をまとめてみました。
一人で走りを楽しむのであれば我慢もできる不満点ではありますが、二人で乗る機会が多いとS660は厳しいかもしれませんね。
そういう方は、S660と比べると車両価格も維持費も高いのは気になるところではありますが、やはりロードスターが無難だと思います。
でも不満を感じ続けながら乗るよりはいいんじゃないかと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です