S660チューニング妄想

S660対応のハードトップ5種を比較

S660は幌車ですが、幌はハードトップと比較すると耐久性が低いです。
青空駐車している方の中には気になっている方もいるのではないでしょうか?
あと、セキュリティの面でも気になりますね…。
# 幌を切るようなレベルのことをする人なら、窓ガラスも割るくらいはすると思うので個人的にはあまり気にしてはいませんが…。

「幌だと外の音が入って来やすいし、別にオープンにしないから快適性を重視したい」という方もいると思います。

他には「純正の幌が傷んで来たので交換したいけど、そんなにオープンにしないからハードトップにしようかな?」という方もいそうです。
どうやら純正の幌とサイドの部品を合わせて13万円くらいするようですし、ボルドーレッドなどのオプション品でもやはり13万円くらいするので、ハードトップも視野に入ってくると思います。


ということで、S660に対応しているハードトップを調べてみました。

S660用ハードトップ比較表

気になるのは「値段」「材質」「重量」かと思いますので、そのあたりも添えています。
なお、純正ロールトップの重量は約8kgとのことです。

メーカ価格(税込)材質重量商品ページ
無限\272,800FRP製約12kg商品ページ
八千代工業\327,800CFRP製5.9kg商品ページ
GARAGE VARY\198,000カーボン製9.4kg商品ページ
リザルトジャパン\143,000カーボン製6.8kg商品ページ
S660.COM\327,800カーボン製約10.8kg商品ページ

2021/12/17時点のWebサイトの情報を元にまとめています。
最新の情報は各製品サイトをご確認ください。

リザルトジャパン製品が安くて軽い

リザルトジャパンの製品の安さが目立ちますね。
重量もなかなか軽いので良さそうな感じです。
ただ、納期には時間がかかるようです…といっても、どの製品も納期には時間を要しそうではあります。
また、取り付け、加工、塗装は専門業者(カーショップ、板金屋、整備工場など)を推奨とのことです。

八千代工業製品は高価だけどそれに見合った品質

八千代工業の製品についてみんカラで調べてみると、かなり高評価に見えます。
以下のようなコメントが散見されました。

  • 剛性アップを体感できる
  • 明らかに軽量
  • 頭上の空間が広がる

値段の問題がなければこちらを選びたくなってしまいます。
ただ、購入するには抽選となるようです…。

※ 本記事に記載の価格は2021年12月頃の情報です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)