観光スポット

昭和レトロ商品博物館は小規模ながら昭和の雰囲気を楽しめるスポット(写真あり)

昭和レトロ商品博物館さんは青梅の昭和レトロスポットとしてはメインどころではないでしょうか?
小さな施設ですが、雰囲気が素敵です。
よく昭和の雰囲気を真似た施設などはありますが、こちらは商品にスポットを当てています。
昭和世代の人なら思い入れのある商品もあるかもです。

ちょっとオタッキーな話で恐縮ですが、攻殻機動隊 SAC 2nd GIGの「草迷宮」に出てくる記憶を扱うお店のような雰囲気があって結構好きです。

なお、日曜日の朝イチに行きましたが、先客が一組いただけでその後誰も来ず、ゆったり見られました。

平日は営業していないので注意

営業日は土日祝日のようです。
平日はやっていないのでご注意ください。

また、Twitterもあるので、そちらで最新の情報を確認した上で訪問するのがオススメです。
https://twitter.com/gentokan

近隣の昭和幻燈館とのセットで500円

料金は350円ですが、昭和幻燈館とセットで500円でした。
昭和幻燈館はかなり小規模な施設ではありますが、すぐそばにあるのでついでに寄ってみるのはアリだと思います。

昭和レトロ商品博物館に駐車場はない

こちらの施設専用の駐車場はありませんが、目の前にはコインパーキングがあります。
目の前意外にも点々とコインパーキングがあるので、駐車に困ることはなさそうです。

館内の様子

館内は写真撮影OKでしたので、いろいろ撮影してみました。
施設自体は小さめですが、情報量が多くて楽しいです。

2階は雪女特集ゾーン

青梅は雪女伝説があるらしく、それに関する展示がありました。
好きな人は好きかも?

なお、2階に登るための階段はかなり急なので気をつけてください。
登る時はスネをぶつけるし、下る時はふくらはぎをぶつけて痛かったです…。

まとめ:昭和の雰囲気を味わえる楽しい施設

思ったよりも小規模だったのですが、昭和の雰囲気を堪能できてかなり満足でした。
近くに訪れた際には寄ってみることをオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)