観光スポット

「電車とバスの博物館」は独身が行く場所ではなかった

川崎市の宮崎台駅すぐにある「電車とバスの博物館」に行ってきました。
レトロな電車やバスが展示されているということで、昭和レトロ好きとして楽しめるんじゃないかなぁと。

が、行ってみたら子連れだらけで独り身が行くようなところではありませんでした。
ちびっこが楽しむ体験型施設という感じですかね…。
一人で来ている人はほぼおらず、自分が行った時は自分以外に一人いただけで、ほかは全部子連れでした。
それでも行こうという方は覚悟を決めて行ってください…。
いや、別に一人で行っても問題ないんですけどね。
なんか場違い感がすごいだけで。

期待していた電車やバスは展示数が少なくちょっと残念でした。
なにより人が多いので昭和レトロな雰囲気を楽しむ感じでもないですね…。

レトロな電車が展示されていて乗り込める

レトロなデザインの電車が展示されており、中に乗り込めます。
運転シミュレーターもあったり、操作すると前部に展示されている駆動部が実際に動いたり、子供はテンション上がると思います。

↓これを操作すると、運転席前に移設されている駆動部が実際に動きます。

↓ここが動きます。ブレーキもかけられます。

レトロなバスの運転席に乗り込める

バスは2台展示されており、どちらも運転席に座れます。
並びますけどね。
子どもたちに紛れて並びますけどもね…。

でもバスの運転はしたことがないので、シフトフィールやクラッチの重さが気になってしまって並んでしまいました…。
で、自分の番が来て操作してみたら、シフトもクラッチもスカスカ。
先がつながっていないたいです。
子供が雰囲気を楽しむ用ですね。
そりゃそうか…。

ジオラマ系の展示物

ジオラマは何箇所かに展示されていました。

その他の展示物

てきとうに写真を上げておきます。

駐車場・駐輪場はない

こちらの施設、駐車場や駐輪場はありません。
駐車場は近隣にコインパーキングがあります。
原付きや自転車はすぐ近くにちょっと広めの有料の駐輪場があるのでそちらを利用しましょう。
最初に受付で声をかければOKです。

入り口は一箇所に制限されている

コロナ対策で現在施設の入口は一箇所になっています。
宮崎台駅の改札を出てまっすぐのところだけです。
下の方にある入口、横にある道沿いにある入り口からは入れません。

↓ここからだけ入れます。

↓先の駐輪場からだと坂を登らなくてはいけなくてだるいです…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)