86トラブル

86がバルブスプリング不良のリコール作業から返ってきました

週末に預けて、翌週末に回収してきました。
作業的には2日くらいだそうです。
エンジンを下ろす必要があるので、結構大変みたいですね…。
メカニックさん的には、普段なかなか触る機会のない水平対向エンジンの作業なので、
興味津々だったみたいです。
そういわれると、ユーザ的には
「慣れていない作業なのに大丈夫?」と思わずにはいられないけど…。

リコール後の調子は?

返ってきたら割と快調です。
もともと快調だったので、気持ちよくなったとか
そういうわけではないですけども。
きちっと作業していただけてありがたい。

エンジンルームも綺麗になったしうれしいですね。
掃除する時間がなくてそのまま持っていってしまって、
申し訳なかった…。

リコールで調子が悪くなる場合もあるらしい

86を売却する時に自動車買取屋さんから聞きましたが、
86/BRZをリコールに出したら調子が悪くなるケースがあるようです。
それなりに台数をこなしているディーラーにお願いしたいところですね…。

ついでに消耗品も交換

エンジンを下ろすついでに消耗品を交換してもらいました。
工賃は無料でした。

ファンベルトを交換

キュルキュルというベルト鳴きがあったので、
ファンベルトも交換してもらいました。
交換後、ベルト鳴きはなくなりました。

クラッチレリーズベアリングを交換

エンジンを下ろしたらクラッチレリーズベアリングが
ダメになっていたそうで、そちらも交換してもらいました。
前期型のクラッチレリーズベアリングはよろしくなかったのか、
後期型で新しくなったらしいです。

クラッチディスクの交換も勧められたけど見送り

「ディスクが残り3ミリくらいで、どうせなら一緒にやったほうが
工賃もかかりませんよ」とのことでしたが、
どうせ交換するなら社外品のクラッチ+フライホイールに
したいので見送りました。
本当に社外品にするのかは悩ましいですが、
まだ猶予はあるから悩むことにします。

本当はエンジンマウントも交換したかった…

せっかくの機会なので、本当はエンジンマウントも
交換してもらいたかったんですが、
TRDのものではなく純正品でも結構なお値段
(1個10,476円×左右で2個)だったので見送りました…。
振動の少ない水平対向だし、まだ7万キロだし、
この先そんなに長く乗り続けるとも思わないし…。

エンジンオイルが0w-20になってしまった

エンジンをバラすので、当然エンジンオイルも入れ替えです。
いつもは5w-30を指定していたんですが、
今回はそれを伝え忘れていて、0w-20が入っていました…。
0w-20だとパワー感がちょっと薄れるんですよね。
まぁ寒い時期だし柔らかいオイルの方がいいか…。
春頃に5w-30に換えるかもしれません。
とかいいつつ5月に定期点検で無料オイル交換なので、
その時までそのままな気がする。

まとめ

リコールに出す前は不安がいっぱいでしたが、
無事に返ってきてなによりでした。

メカニックさんお疲れ様でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です