雑記

A90スープラの価格・グレード設定が絶妙

いやまぁどうせ買えないんですけど、スープラが気になります。
見慣れてきたら、なんだかかっこよく見えてくるし…。
 # 発表当初に推されてたグレーよりも、ホワイトとかレッドのほうがかっこいいような。

で、詳細も発表されたわけですが、価格とグレードの設定がうまいなと感心したので記事にしてみます。

トヨタ、BMWとの提携で生まれた新型「スープラ」発売。490万円から

価格一覧

グレード名出力価格
SZ 197PS/320Nm4,900,000円
SZ-R 258PS/400Nm5,900,000円
RZ 340PS/500Nm6,900,000円

デザイン優先ならSZでもよさそうな?

スープラ好きの人たちからすると、スープラは直6エンジンが至高らしいです。
そうなるとRZになるわけですが、340PSは公道では使いきれません…。
スープラにこだわりがない自分の場合、普通に走れればいいので、
「SZでいいや」と思ってしまいます。

主なグレード差

グレード名装備
SZ・前後17インチアルミフローティングキャリパー
 (330mm径ブレーキディスク)
・シート表皮:ファブリック
・17インチアルミホイール
SZ-RSZの装備に加えて
・アダプティブバリアブルサスペンションシステム
・アクティブディファレンシャル
・シート表皮:アルカンターラ+本革のコンビネーションタイプ
・18インチアルミホイール
RZSZ-Rの装備に加えて
・フロントブレーキ:ブレンボ製 17インチアルミモノブロック対向4ピストンキャリパー(348mm径ブレーキディスク)
 リアブレーキ:17インチアルミフローティングキャリパー
 (345mm径ブレーキディスク)
・19インチアルミホイール

詳しい装備の説明は、前述のニュース記事をご参照ください。
 # ここに書こうにも、ただのコピペになってしまうので…。

お得感のある各装備

「SZでいいかな?」と思うと、100万円プラスすればサスとデフが高性能なものになり、
さらにエンジンもパワーアップできるということになります。
「ならSZ-Rがいいかな?」と思うと、さらに100万円プラスすればブレーキもよくなり、
エンジンはぐんと良くなって直6の340PS(SZ-Rよりも80PS近くパワーアップ)となるわけです。
チューニングすると費用もかかるし、その部分の保証もなくなるので、
それならRZを選びたくなってしまいます…。
# 安直に上のグレードを選ぶと、各装備のメンテナンスや修理にさらにお金がかかるという罠には注意ですね。(汗

自分がRZも買えるようなお金を持っていたとしたら、結構悩みそうです。
冷静になれば、サーキットへ行かないのならRZのスペック・装備は不要なんですけどね…。

みなさんならどのグレードを選ばれますでしょうか?

余談:ところで保証はどうなるのだろう?

前にディーラーの営業さんに聞いてもまだわからないと言っていましたが、
スープラの保証はどうなるんでしょうね?
普通のトヨタ車であれば(86も)有償で最長7年まで保証をつけられます。
スープラもそこまで保証がつけられたら安心ですよね。
中身は外車なので、日本車よりも故障しやすく、修理費も高いイメージです。
 # 実際のところはわかりませんが…。

自分が買うなら数年後にSZグレードか?

正直なところ、SZを選んでローンを組んだとしても新車で買うのはしんどい価格です。
SZなら不人気になりそうなので、数年後に安い中古車が出ているのではという期待をしてみたり…。
BMW 3シリーズの中古車なら、3年落ちくらいでも半額近かったような?
中身は外車でも、日本車と売るわけだから、なかなかそうもならないのだろうか。

しばらくは雲の上の車として眺めて行きたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です