ドライブ記録

86で鳥海山を見にぼっちドライブ(1日目)

冠雪した鳥海山が素敵なので、それを見に行くドライブです。

関東から出発して2泊3日の工程にしたので、
ちょっと長距離移動がつらかったですね…。

よろしければ参考にしてみてください。

今回のルート

まずは弥彦山へ

新潟県の弥彦山近辺は田んぼがあり、弥彦山をバックにすると、
なんだか昔懐かしい光景が見られそうだったので、見に行きました。

稲穂がないからか、ちょっとイマイチ?

せっかくなので、弥彦山スカイラインも走りました。
楽しげな道ですが、2車線あるものの余裕はなく、
全体的に見通しも悪いので気を使う道でした…。

上の方にある駐車場からは日本海が見えましたよ。

駐車場近辺には軽食屋やお土産屋がありました。
ちょっとレトロな雰囲気で、個人的には好きです。

秋田へ向かう

すでに昼過ぎですが、秋田へ向かいます。
日本海東北道を延々と北上します。
大して距離はないだろうと思っていたのですが、結構な距離です。
慣れない所では距離感が狂いますね…。

途中、道の駅「朝日みどりの里」で遅い昼食にしました。
海鮮丼にしてみたんですが、酢飯でなく、魚がおいしいわけでもなくイマイチでした…。

宿は「金浦温泉・学校の栖」

夕方くらいには宿に到着です。
もうちょっと近くを観光しようかとも思ったのですが、
疲れ気味なのでやめにして、温泉を堪能する作戦です。

温泉は地元のおじちゃんだらけ

平日だったからか、仕事帰りらしきおじちゃんだらけでした。
混んでいてあまりゆっくりできず…。
もうちょっと広いといいんですが、残念。

温泉は2種類ありました。
どちらも内風呂です。
硫黄系な香りでしたね。

それにしても秋田弁はよくわかりませんね。
聞こえる会話は所々はわかりますが、あまり理解できませんでした。
ちなみに受付のお姉ちゃんは標準語です。

温泉は夕食後にも入りましたが、夜は宿泊客オンリーにされているので、
ゆったり入れました。

夕飯は質より量パターン

今回は夕飯付きにしてみました。
すごい量です…。
食べ切れませんでした。罪悪感が…。
味は全体的に薄味ですが、素材の味を生かしている感じでもなく…。
まぁつまりは微妙でした。

部屋の壁はかなり薄い

この宿は小学校だったものを改装しているとのことだったので、
部屋もそれらしいのかと期待していたのですが、
何のことはない普通の和室でした。
ちょっとがっかり。

部屋の壁はかなり薄いです。
隣の部屋で会話しているのが聞こえてきます。
流石に内容までは聞き取れませんが…。

夜はお隣さんが立ち上がってトイレに行くドスドス音で起こされました。
耳栓はあっても気休め程度ですね…。

心配りがうれしい

5月中ごろという中途半端な時期で、夜は暑いんだか寒いんだか微妙な気温です。
普段は寝巻きを長袖にしたり半袖にしたりで調整するんですが、
なんとこのお宿は厚い布団と薄い布団を用意していました。
地味にうれしい心配り。
おかげで(温度的には)快適に眠れました。

あと、受付のお姉ちゃんの接客が丁寧でしたね。
食事や部屋がイマイチでも、まぁいいかという気持ちになります。

1日目のまとめ

高速メインだったとはいえ、流石に秋田までの長距離移動はくたびれました。
前にレンタカーに付いていたアダプティブクルーズコントロールとかあれば、
もっと楽なんでしょうけども。
それでもやっぱり2リッターは楽ですね。
無理なく走れるので、走りの面では快適です。

今、S660への乗り換えを検討しているので、こういうところで悩んでしまいますね…。

今回のルート

続きはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です