ドライブ記録

86で鳥海山を見にぼっちドライブ(2日目)

2日目は鳥海山を眺めつつぐだぐだして、
山形の宿に移動するというかなりざっくりとした日程です。
3日間ずっと予定が詰まっていてもつらいので…。

最初はhogehogeにも寄ろうかと思っていたんですが、
ちょっとネットレビューを見てみたら散々だったのでやめにしました。
単純に行ってガッカリというだけでなく、接客がよろしくないようで、
嫌な気持ちにさせられそうだったので…。
まぁそもそも時代劇に興味もないし…。

1日目の記事はこちら

今回のルート

夕食とは打って変わって質素な朝食

宿で朝食をいただきましたが、The 日本の朝ごはんでした。
軽めの量でちょうどよかったです。

鳥海山を眺めつつまったり過ごす

これが見たかった!

朝の方が空気が澄んでいるはずなので、さっさと仁賀保高原に移動します。
「仁賀保高原ひばり荘」からは鳥海山の雄大な景色が見られます。
空間が開けていて気持ちいいですね。

トイレもあるのでありがたいですね。

ベンチもあったので、そこでまったりさせてもらいました。
こういうところでゆったりとした時間を感じていると、
働くのが嫌になりますね。(暗黒微笑(

ここではポットに用意したお湯でコーヒーを入れつつ、
一時間ほど過ごしました。
まだだらだらしていてもよかったんですが、
やることがなくて…。
文庫本でも持って行ったらよかったかな?

そして鳥海山スカイラインを目指します。

鳥海山スカイラインを軽く通過

鳥海山スカイラインは前回も通りましたので、さくっと。
ちょっとだけ雪の壁もあったりしましたね。

途中の駐車スペースからパシャリ。
かすんでいて残念ですが、いい景色です。

「そば処 大梵字」でざるそばと天ぷらをいただく

山形へ向かう道すがら、道の駅「月山」に併設された蕎麦屋さんで、
ざるそばと天ぷらをいただきました。
んー、可もなく不可もなく。

山形の田舎道はほっとする

宿までの国道112号は道幅は十分なので快適です。
そして山の中を走る道がいかにもな田舎感で落ち着きます。

ワイナリー「朝日町ワイン」へ寄り道

淡々と進んでいったら、宿にだいぶ早く着いてしまいそうだったので、
寄り道してみました。
道端に看板のあったワイナリー「朝日町ワイン城」です。
行ってみたら結構こじんまりとしていました。
見学も、工場がガラス張りになっているので見てね、という感じで小規模です。
てきとうにお土産用のワインを買って後にします。

宿にした「いいで添川温泉 しらさぎ荘」は地元の日帰り温泉がメイン

宿に着いてみたら、いかにも地元の日帰り温泉でした。
宿泊施設はおまけみたいです。

まあそれはさておきチェックイン。
受付の対応がなんだか雑でもやもや。

お風呂は夕方も夜も混んでいました。
ちょっと広めではあるんですが、いかんせん利用者が多いです。

部屋の壁は薄いし、子供の団体も来ていてとてもうるさい。
完全にハズレを引いたなと後悔…。

夕飯も期待していませんでしたが、夕飯は大当たりでした。
何を食べてもおいしかったです。
やっぱり特にお肉はおいしかったですね。
脂身多めですが、しつこくなく、やわらかくておいしい…。
高かったけど追加しておいてよかった。

しかも給仕のおばちゃんの接客もアットホームでいい感じでした。
ただ1人しかおらず、てんてこ舞いになっていたのがちょっと気の毒…。

夜はゆるキャンを読みつつ、子供が静かになってから寝ましたとさ。

今回のルート

続きはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)