S660パーツインプレ

【レビュー】S660にMX72-Kを導入したらちょうどよかった

S660のブレーキパッドを交換するとなると、候補の1つに上がるのはENDLESSのMX72-Kではないでしょうか?
自分の場合はプロジェクトミューのB-Specとどちらにしようか迷いました。
「MX72-Kはサーキット用だし、やりすぎかも?」とか思っちゃうんですよね…。

結局はMX72-Kを選びましたので、実際に使ってみての感想をまとめていきます。

純正ブレーキパッドの不満点

S660の純正ブレーキパッドは、普通に走っている分には問題のないパッドだと思います。
リニアに反応するし、山を走ってもフェードするわけでもないですしね。

でも、ちょっとスピードが乗ってくると、ブレーキの反応がリニアではなくなります。
感覚的には、ブレーキを半分くらいまで踏み込む分にはリニアにコントロールできている気がします。
でも、半分以上踏み込んでいくと、思ったよりブレーキが効かない状態になってしまうんです。
それでも踏み足せばそれなりに効きはしますが、やっぱり怖いです。

と言うことで、ブレーキパッドの性能向上を図るべく、社外品に変えてみました。

ENDLESSのMX72-Kを選択

みんカラを調べてみると、ENDLESSのMX-72KプロジェクトミューのB-Specを使っている人が多いように見受けられました。
MX72-Kはサーキット走行もOKなタイプ、B-Specは峠くらいまでだと思われるので、性格は違いますね。
自分の場合、サーキットまでは行きません。
お山をドライブするくらいです。
なのでB-Specでもよかったんですが、86の時にストリート用と銘打ったブレーキパッドを入れたら長い急な下り坂でフェード気味だったのを思い出し、念のために対フェード性の高いMX72-Kを選びました。
それにMX72-Kはセラミックカーボンメタルなので、そのフィーリングに興味もありました。
しかもその割に安いんですよね…。(前後合わせて定価で32,000円)

MX72-Kは違和感のない優等生

MX72-Kに変えてしばらく経ち、あたりはついているかと思います。
と言うことで簡単にインプレしてみます。

どの速度域でも変わらないリニアな効き

流石にハイスピード域から急ブレーキをかましたことはありませんが、純正とは違って違和感のないリニアな効きです。
踏めばちゃんと効いてくれるので、安心感があります。

初期制動がマイルド

初期からガッツリ効くのかと思いきや、そんなことはありません。
純正のようなフィーリングです。
なのでヒールアンドトゥーもやりやすいです。
逆に制動力を引き出すには、それなりにしっかりと踏んでやる必要がありますね。

フェードの予感がない

攻めているわけではないですが、フェードの前兆のようなものを感じたことはありません。
だんだん制動力が落ちてきたりと言うこともありません。

温まらないとちょっと効きが悪い

普通に山を流している分にはあまりブレーキは踏まないと思います。
そうするとブレーキは温まらないのですが、その状態とブレーキが温まった状態とを比べると、やはりちょっと効きが悪いです。
このブレーキパッドは50度~なので、仕様通りと思います。
そんなに気になるほどではありません。ちょっとだけ、です。

と言ったところでしょうか。
セラミックカーボンメタルとのことで期待していましたが劇的な変化はないので物足りない気もしますが、サーキットも行ける割に街乗りでも違和感がないですし、お値段も安めなのも嬉しいですね。
純正のブレーキフィールに違和感をお持ちの方にはオススメですよ。

追記:ブレーキダストは結構出ます

結構ブレーキダストが出ていることに気が付きました。
フロントの方が汚れやすいです。
洗いやすさなどはまた試して追記しようと思います。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)