ドライブ記録

けいおん!の聖地を巡礼しつつ能登半島をドライブその2

なんだか寝付けないまどろみ状態のまま一夜を過ごす羽目に。
でも起きて睡眠トラッカー(Fitbit)を見てみたら、それなりに寝ていたみたいなので不思議。
とりあえず誰もいない朝風呂にサクッと入って眠気覚ましし、出発しました。

今回のルート

曇天の千里浜なぎさドライブウェイを抜ける

まずは福井から北上し、石川県の西側にある千里浜なぎさドライブウェイに向かいます。

なぎさドライブウェイは砂浜なのに車やバイクで走れるので有名な海岸です。
インスタ映えする感じのスポットですね。
ただ今回は残念ながら曇天…。
やっぱり晴れていて欲しかったなぁ。

オープンドライブしたら気持ちいいのかもしれませんが、潮の香りたっぷりの場所なので、内装が潮でベタベタになるかな?と思い、やめておきました。

能登半島の海沿いをドライブ

能登半島の海沿いをぐるりと回ります。
ちょっと寂しい雰囲気でしたが、それもまた良かったです。
太平洋よりも日本海の方が好きだなぁ。

津軽半島の道を思い出しました

禄剛埼灯台をサラッと観光

道の駅に駐車

せっかくなので、能登半島のある禄剛埼灯台を観光することにしました。
すぐ近くに道の駅「狼煙」があるので、そちらに車を止めます。

灯台は改修中

灯台に至るまでの道は急坂です。
途中で諦めようかと思いましたが、おじいちゃんおばあちゃんも登っているので、自分も頑張ってみました…。

灯台はなんと改修中。
せっかく登ったのに…。
日本海が見渡せるのは気持ちいいですが、すでに道中で見たので…。
んー、登らんでも良かったような。

道の駅で豆乳ソフトクリームを食べてみる

なんだか疲れつつ道の駅に帰ってきたので、軽く何かを…と思ったらソフトクリームがあります!
しかも普通のバニラではなく、豆乳らしい…。
気になる…。
ということで食べてみました。

味はあれです。
甘さ控えめで体への優しさ全開の豆乳飲料の味です。
もうちょっと甘みがあった方が嬉しかったもしれないですが、さっぱりとしていてこれはこれでいいような。

さて、カロリーも補給できたので、今日の宿である白馬に向かいます。
できればオープンにしたかったですが、相変わらずの曇天でいつ雨が降り出すかわからず。
仕方なくクローズのままです。
ロードスターとかだったらサクッと屋根を開閉できるからいいんですけどね…。

能登半島東側の海沿いの道は生活道路がメインなので避けるべし

能登半島を東に抜けて糸魚川経由で白馬を目指します。
せっかくなので、西側に引き続き東側も海岸線沿いをドライブすることにしました、東側の海沿いの道は生活道路がメインでした。
1〜1.5車線の箇所も多いし、入り組んでいたりするので離合も厳しめです。
住宅に囲まれており景色も期待できないので、迷惑にならないように通らないようにするのが正解でした…。
しかもそんな狭い道でしたのでスピードも出せず、時間はドンドン過ぎていきます。

漁港があったので寄り道

高速を使って糸魚川へ向かうも遠い

途中から広い道に出るのでは?と思いつつ、なんだかんだで海沿いの細い道を抜けて高速道路へ乗ります。
しかしここからが意外と遠かったという…。
能登半島の南側から白馬に抜けようとすると、3時間以上かかるんですね。
土地勘がないので読み間違えました。

糸魚川から白馬へワインディングを駆け抜ける

すっかり日が暮れた中、糸魚川からは下道で白馬へ抜けます。
中高速ワインディングですね。
地元の車かわからないですが、結構皆さん飛ばす飛ばす。
ファミリーカーでもガンガン飛ばしているのでビビります。

白馬の「ブライトホーン」さんは安くてありがたい宿

今回のお宿は「ヴィラ ブライトホーン」さんです。
1泊素泊まり3,000円て安くないですか?
ただ壁は薄めだったり、貸し出しタオルは有償だったり、お風呂は狭かったりします。
でも3,000円なので文句ないです。

お風呂に関しては、近くにはたくさん温泉があるので、そっちに行ってみるのもいいかと思います。
個人的にはぬるめな「みみずくの湯」がオススメですよ。


続きはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です