観光スポット

シーズンオフの「ハイジの村」の楽しみ方がよくわからない

旅のついでに「ハイジの村」を訪れました。
バラが咲いていない季節だと廃墟なのでは?というくらい人がいません。
テーマパークというよりは大きな公園であり、見るところも少なくちょっとガッカリなスポットでした。

入ってすぐがピークな気がする

入り口を入ってすぐに広場になります。
スイスの雰囲気なんでしょうか?異国情緒があっていいですね。

塔からは園内を見渡せます。
山々も綺麗。

入り口を抜けて真っ直ぐ行くと「ハイジのテーマ館」がありますから、まずはここを見てハイジ熱を高めておくのがオススメです。
自分はここの存在に最後に気がついて微妙な感じでしたので…。

あまりハイジ要素のない園内

で、園内をどう回ろうかと入り口でもらったパンフを見てみるも、地図が書いていない…。
地図が書いていないパンフをもらうのは初めてです。
嫌な予感がします。

とりあえずWebでハイジの村の地図を検索して見て回ることにしました。
まず観光客が少ないですね。
廃墟感があっていいですけど。(

基本的にはなにもない、自然いっぱいの公園を歩き回っている感じになります。

山小屋が再現されている

山小屋が再現されていますが、なんだかわかりづらいところにひっそりと建っています。

ハイジは見ていないので特に感慨もないという…。

バラの季節は綺麗なんじゃなかろうか

山小屋を見てトボトボと入り口方面に戻ります。
本当に見るものが少ないです…。

園内をよく見ると、どうやらバラらしい植物が並べられています。
バラの季節は結構綺麗そうな気がします。

まとめ:過度な期待をせずに時間つぶしに来るのが吉

てきとうに見て回りながら園内を一周して1時間かからないくらいでしょうか。
旅の道すがら寄ってみるくらいが良さそうです。
入園料は季節により異なり、今の季節なら300円しません。
これくらいならまあ一度くらい来てもいいかなという感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です