カブ(JA10)パーツレビュー

カブ(JA10)のブレーキシューをデイトナのノンフェードブレーキシューに交換したのでレビュー

タイヤ交換のついでに、フロントだけブレーキシューも交換してもらいました。
カブのブレーキは貧弱で怖いので、これで制動力ひいては安全性が上がればなと…。

カブ(JA10)は制動力が弱い

このカブのブレーキはドラムブレーキです。
それゆえフィールが悪いのは当たり前で、そこは気にしないのですが、何せ制動力が足りません。
バイパスを流していて急な感じの赤信号があったりすると、フルブレーキが必要になります。
車体も安定しているわけではないので、これが結構怖いんです。
また、流れに沿って走る時も、前走車の急ブレーキに対応して止まるにはそれなりの距離が必要になるので、車間距離は長めに取らないと怖いです。

開発者的には、ツーリング用途はあまり想定していないんでしょうね…。

デイトナのブレーキシューをチョイス

そんなわけでブレーキに不満があったので、今回タイヤ交換をするついでにフロントのブレーキシューも交換してもらうことにしました。
リアは効きがいいのでそのままです。

どうやらJA10用の社外ブレーキシューはキタコとデイトナからリリースされているようです。
ネットを調べてみたところ、デイトナの方が制動力がありそうだっため、デイトナにしてみました。

結局制動力は変わらず

で、交換後の制動力ですが、純正と変わらず…。
期待していただけに残念です。
JA10の場合、構造的な限界なのかもしれません。

制動力を重視したカブが欲しければ、フロントディスクブレーキ搭載のC125を選ぶのが正解なんでしょうね…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)