雑記

AirTagを自動車の盗難対策に活用できないか検討して断念した話

AppleからAirTagというデバイスがリリースされています。
AirTagは持ち物に付けておくことで、どこにあるかを探し出すことのできるデバイスです。
※ 利用するにはAirTagに対応したiPhoneやiPad、iPodが必要です。

これを活用することで、自動車が盗まれた際に追跡できるのでは?と期待していろいろと調べていました。
自分の中の結論として、AirTagはボタン電池を使用しており、ボタン電池は高温な環境での利用がNGで、夏場の車内外の暑さの中で利用するのは危なさそうと判断したため、購入は見送りました。
※ あくまでも個人的な感想です。AirTagを自動車に積んで使う方を否定する意図はありません。

AirTagの機能は車両盗難時の追跡に活用できそう

AirTagは位置情報を追跡できるので、車両につけておけば盗難時に追跡できる可能性があります
※ AirTag自体にGPS機能が付いているわけではなく、近くにある誰かのiPhoneなどと通信して位置情報を入手するため、必ず追跡できるわけではないので注意が必要です。

AirTagに使用されている無線技術はUWBというもので、通信距離は10m以内で障害物にも強いそうです。
なので家の中のiPhoneと自宅前の駐車場の車くらいの距離であれば通信できそうです。
マンションだとちょっと微妙かもしれませんね…。

AirTagはペアリング済みのiPhoneと通信ができなくなると警告音が出るようになっています。
おそらくストーカーに悪用されることを警戒しての仕様だと思われます。
となると、自動車を盗難された際に犯人にすぐに気が付かれる可能性もあるのでは?と思ったのですが、音が出るようになるは通信ができなくなって3日後らしいので、すぐに犯人に気が付かれることはなさそうです。

つまり、自動車を盗まれても、3日以内に見つけ出せば犯人に気が付かれる前に自動車の場所を特定できるかも、ということです。

AirTagを自動車に乗せる場合の注意点

盗難時の対応に活用できそうなAirTagですが、自動車で利用するには注意点があります。

ボタン電池は高温になる環境では使ってはいけない

ボタン電池は高温になる環境では使うと危険だそうです。
例えば三菱電機さんのサイトを見てみると、下記のように書いてありました。

電池は直射日光の強い所や炎天下の車内などの高温の場所で使用、放置しないでください。電池を漏液、発熱、破裂、発火させるおそれがあります。

「発熱、破裂、発火」はかなり怖いですね。
車両火災になる可能性もあるのではと思います。

夏場の暑さを考えると車内外に暑くない場所がない

秋~春はAirTagを車内に置いておいても高温になることはないと思います。
問題は夏です。
JAFさんのテストでは、夏場では車内の温度は50度近くなることもあるようです。
このため、車内にAirTagを置くのはNGだと考えました。

それなら車外はどうでしょうか?
AirTag自体はIP67等級の防塵・防水性能を持っていますから、雨などは気にしなくて良さそうです。
ではどこにつけるか?
下回りだとアスファルトの熱をもろに受けるので高温な環境と言えそうなので避けたいです。
かと言ってエンジンルームやフロントのユーティリティボックスもそれなりに熱がたまるので避けたくなります。
それに万が一発火した際のことを考えたら恐ろしい…。
となると、どこに付けていいのかわかりません…。

まとめ:自動車の盗難対策にAirTagは使いづらい

AirTag自体は自動車の盗難対策に活用できそうであるものの、夏場の高温によるボタン電池の危険性を考えると自動車には積みづらいと感じました。
夏場以外だけ使うというのはありかもしれません。
※ あくまでも個人的な感想です。AirTagを自動車に積んで使う方を否定する意図はありません。

なお、本気で自動車の盗難対策をしたい場合、SECOMさんの「ココセコム」というサービスがオススメです。
自動車バッテリーから電源を持ってくる車載専用の機器が用意されています。
ただ、この機器自体が高価(13,200円)なのと、サービス利用料金が月額で1,320円かかるのがネックです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)