S660について

S660の収納スペースを増やす

残念ながらS660にはまともな収納スペースがありません。
収納スペースを増やす方法を検討してみました。

S660純正の収納スペース

フロントの収納スペースは狭い上に熱い

S660のフロントには幌を入れておくための箱が付いています。
幌を取らなければ、このスペースは収納として利用できます。

しかしこの収納スペースは横長で使いづらいです。
ボストンバッグ的なものは入らないのではないかと思います。
 # なぜかスケボーが入るように設計されているようですよ。

しかもこの収納スペースは熱くなります。
なので電子機器や食べ物系は置けません。
この収納スペースは正直なところあてにならないです。

助手席が最大にして最良の収納スペース

となると残りは助手席です。
足元とシートの上が収納スペースです。
一人で旅行したりする分には十分なスペースですが、助手席に人を乗せるともう厳しいです。
足元に荷物を置いたり、膝の上に置いてもらったりです。
二人で泊まりの旅行は厳しいですね…。

助手席の後ろにはポケットが付いている

助手席のシートの後ろには、ポケットが付いています。
ここにグローブボックスに入り切らなかった書類などを入れられます。

助手席の後ろのスペースも活用できる

助手席を少し前に出すことで、助手席の後ろにスペースを作れます。
自分の場合は、三角板やBOXティッシュを置いています。
流石にティッシュは取りづらいですが、他に置くところがないんですよね…。

<追記>
最近はドキュメントバッグを壁側に貼り付けて小物入れにしています。

オプション製品で収納スペースを増やす

ではどうやって収納スペースを増やすか?
純正オプションを利用する方法と、社外品を利用する方法があります。

モデューロの純正オプション「トップキャリア」

純正オプションとして、リアウィンドウの上の方に付けるキャリアがリリースされています。
防水バッグをくくりつけるための土台ですね。

トップキャリア

しかしお値段が10万円以上する上、荷物を載せない時には土台が残るので、その際のデザインが気にいるかどうかが重要です。

リアのエンジンフードの上にキャリアを載せる

リアのエンジンフードの上にキャリアをつけるという選択肢もあるようです。
そういった商品が売られています。

しかしここで注意したいのは、エンジンフードの上は熱くなるということです。
S660はミドシップ車なので、エンジンは後ろにあります。
当然、エンジンは熱くなります。
エンジンフードの上に置いた荷物は、その熱をもろに受けることになります。
そのため、熱に弱いものを積むことはやめたほうがよさそうです。
電子機器などは避けたいので、着替えなどが主体になるかと思います。
そうするとなると、結局電子機器やお土産などの収納スペースは別途必要になります。

ルーフキャリアは重量的に厳しいか?

バンドで固定するタイプのルーフキャリアもあります。
これをつければ屋根の上に荷物を固定できそうです。
バッグはバイク用のものを利用すればよさそうな。

しかしS660の屋根は荷物を載せることは想定していないでしょうから、どれくらい荷物を載せてもいいのか気になります。
意外にしっかりとした屋根ではありますが…。
衣類くらいならば大丈夫かも?

あと、背が高いバッグをつけてしまうと、空気抵抗も気になるところですね。

まとめ:一人で乗るのならば助手席を活用。二人でなら工夫が必要

ということで、一人で乗る分には助手席に荷物を詰め込めばOKです。
二人だと工夫が必要です。
自分の場合は一人でしか乗らないので困っていませんが、二人で乗る機会が増えるようであればいろいろ試してみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)