カメラ関連

SONY RX1はバイクのお供に丁度いい

「バイクでもフルサイズのカメラを持ち歩きたい。でも普通の一眼レフは振動が怖いし、ミラーレスは高すぎる」と考えていたりしませんか?
RX1はフルサイズミラーレスなのに、コンパクトで価格も高すぎない丁度いいカメラです。
35mmという焦点距離がバイクの撮影に向いているのか気になっていましたが、実際に撮ってみると特に問題なく使い勝手もよいです。

なので、SONY RX1はバイクのお供におすすめです

この記事ではバイクのお供としてRX1を使って気がついたことをまとめていきます。

RX1の気になることろ

レンズが前に出ているので、ポケットなどには入れておけません。
特にレンズフードを付けるとかなりかさばります。
バイクだとカメラをどこに入れておくか、悩むことになります。

バイクで持ち歩くための工夫点

バイクにポーチを付けました。
ポーチの中にはプチプチを入れて衝撃を吸収できるようにしています。
RX1はそのポーチの中に入れています。
しかしポーチが小さめだったせいでフードを付けた状態ではしませませんでした。

ポーチを出してサッと撮影しようとした時にレンズキャップは外しています。
流石にそのままポーチにしまうとレンズが傷つくので、レンズフィルターを付けています。

RX1のいいところ

35mmは使い勝手がいい

車やバイクは中望遠レンズで撮るとシャキッと写ってカッコいいです。
逆に広角レンズで撮ると歪むのが気になります。
なので35mmで大丈夫かな?と気になっていましたが、実際に撮ってみたらそんなに気にならなかったので一安心です。

35mmだと背景も多く入れるように撮ることもできるので、旅行時の写真撮影に便利です。
なお、もちろん普通に風景写真を撮影するのにも丁度いい画角です。

ミラーレスなので振動があまり気にならない

もともとは安い一眼レフの購入も考えていましたが、物理的なミラーがあるとバイクの振動で壊れそうで抵抗感がありました。
RX1はミラーレスですし、普通の一眼レフと比べると軽いので振動はあまり気にしていません。
実際、今の所故障などは発生していません。

バイクに取り付けたポーチからサッと出して撮影できる

前述の通りポーチなどを活用すれば信号待ちなどでもサッと取り出して撮影ができます。
いちいちバッグから出したりするとなるとおっくうですが、これなら気軽に撮影できます。
気になる風景が見えたら道の端にバイクを止めて、サッと取り出して記念撮影できます。
気軽に撮影できるので、撮影のチャンスが広がります。

高画質で表現力も高い

コンパクトながらフルサイズセンサーを搭載しているので綺麗な写真が撮れて満足度が高いです。
F値もF2~なのでボケを生かした写真も撮れます。
ある程度ならばトリミングにも耐えられるので、ある程度てきとうに撮影してもあとから調整が効きます。

グローブを付けていても操作しやすい

バイク乗りのために設計したのかと思うレベルでグローブを付けていても操作しやすいです。
F値や露出の細かな調節もしやすいです。

まとめ:SONY RX1はバイクのお供にオススメ

ということで、SONY RX1はバイクのお供にオススメです。
簡単にまとめると以下のとおりです。

  • バイクの撮影にも風景の撮影にも使いやすい焦点距離
  • 振動が気にならない
  • サッと取り出して撮影できる
  • 手軽に撮影できるのに綺麗に撮れる
  • グローブをしたままでも操作しやすい

今ではもう新品では買えないようですが、バイク乗りでフルサイズカメラで撮影したい人は中古でも検討してみてはいかがでしょうか?

参考記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)